ESG取組基本方針

私たちは、日本郵政グループの一員として社会的責任を果たすという観点から、投資プロセスを通じ、環境・社会・ガバナンス(ESG)を考慮した取り組みを推進し、当社および社会の持続的な発展を目指します。当社では、ESGの推進を通じて、当社の経営理念の実現を図り、当社及び社会の持続可能で健全な成長・発展を確保するため、以下の基本方針の下に事業活動を行っております。

1.「責任ある投資家」としての取り組み

私たちは、「責任ある投資家」として投資先企業の環境・社会・ガバナンス(ESG)に対して、責任ある投資行動を取ることにより、投資先企業の持続的な成長を促します。

2.環境への配慮

私たちは、地域の自然と環境を守り、かけがえのない地球環境を次世代に伝えていくために、投資を通じて環境課題の解決に取り組みます。

3.社会と共に

私たちは、郵政グループの一員としての社会的使命を意識し、ESGを考慮した長期的な視点において価値を創出する投資を実行することで、様々な社会課題を解決し、持続可能で活気ある社会の実現を目指します。

4.地域と共に

私たちは、我が国の地域活性化に資する観点から投資を通じて地域経済・社会の発展に貢献することに取り組みます。

5.人と共に

私たちは、ステークホルダーとのコミュニケーションを促進することなどで社会の課題や要請を理解し、投資を通じてステークホルダーの信頼と期待に応えることに取り組みます。

JPインベストメントは、国連責任投資原則(PRI)の署名機関です。

ESG取組み体制